2015年08月27日

戸沢村ワークショップを開催

8月24日、戸沢村でワークショップを開催しました。

今回のワークショップも、前段はジオパークについての座学です。各構成市町村民の方に少しでもジオパークとは何か知ってもらうため、各市町村1回目のワークショップには座学を入れています。山形大学地域教育文化学部の八木教授、環境省羽黒自然保護事務所の下本氏、中央開発株式会社の橋本氏から、開催市町村の地域資源に合わせて話をしていただいています。

DSC_08412.jpg

戸沢村といえば、最上川舟下り。船頭の軽快なトークを聞き、最上峡の雄大な自然を見ながらの最上川舟下りは最高です。その最上川は、出羽丘陵の隆起にも勝る浸食で出羽丘陵を東西に横切り、今の最上峡を形成しました。最上川が蛇行して流れているのも、出羽丘陵が障害となってできたもの。それを聞いて、「地形には意味がある!」と感動しました。普段の生活では、最上川がなぜ蛇行しているのか、なぜ最上峡ができたのかなんて考える人は少ないと思いますが、ジオパークについて学ぶと、私たちが住んでいる町がどのようにつくられて、生活にどう影響を与えているかなど、新たな発見があります。

 さて、座学の後はグループに分かれて、ワークショップに入ります。戸沢村の見どころはどこなのかそれぞれ付箋紙に書き込み、地図に貼り、重複したものや知らなかったものなどに区別し整理していきます。皆さんここは真剣です。実は、戸沢村は『国民健康保険発祥の地』だそうです。初めて知りました・・・。

DSC_0844.JPG

ここでお昼休憩。今回の昼食は、『農家そば屋 与惣右衛門』さんの手打ちそば。ご主人が5時起きでうってくれたというそばは、コシがあって食べ応えがあります。つゆもだしがきいてておいしい!おなかがいっぱいになりました。ごちそうさまでした! 

DSC_08461.jpg

DSC_0849.JPG

午後からは、代表的なジオサイトと戸沢村のジオツアーを考えました。

DSC_0853.JPG

多数決の結果、戸沢村の代表的な見どころは以下の通りとなりました。

〇民族・歴史・文化・・・角川口(山岳信仰新八方十口)

〇生態・・・山の内杉(幻想の森)

〇景観・・・最上峡(戸沢橋から見た月山)

〇大気・環境・・・きれいな水(平根地すべりの集水井水を水道水として使用)

〇地表地質環境・・・黒渕地すべり

 そして、戸沢村のジオツアーは、『最上峡が育んだ文化と歴史発見の旅』や『1300年の昔を偲び清める旅』などが発表されました。舟下りをして最上峡について学んだり、高麗館で地すべりを学ぶなど、盛りだくさんのツアーができました。

DSC_0855.JPG

次回は、今回のワークショップで抽出したジオサイト候補地(行けるところだけ)を実際に巡ります。9月25日(金)にフィールドワークを開催しますので、是非ご参加ください。なお、事前の申込みが必要となりますので、参加希望の方は月山ジオパーク推進協議会(TEL.0237-74-2112)までご連絡ください。

〜おしらせ〜
9月12日(土)戸沢村村制施行60周年記念 最上川ミュージック花火2015が開催されます。音楽に合わせて打ちあがる花火を,楽しむことができます。チケットをお買い求めの上、是非お越しください。

img-911194451-00012.jpg



posted by 月山ジオパーク at 00:00| Comment(0) | お知らせ・活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: